平成18年7月例会

2006.07.01 Saturday

0

    目からタマゴ!?
    卵博士のとっておきタマゴ学
    〜今日から役立つタマゴ雑学帳〜
     

    価格の優等生と言えば・・・そう、卵!
    卵焼き、あつあつの卵ご飯にオムライス、ホットケーキ…どれも懐かしい母の味。
    なんと日本人は、1年に平均して313個ものタマゴを食べる卵大国なのです。
    しかし・・・
    この千変万化のスグレモノを、コレステロールが高そう…と食べるのをガマンしている人が多いのも現実。
    実はこれ、大きな間違いなのです。
    たまご博士こと、たまご博物館の館長、高木伸一さんの本業は会社員。
    卵好きが高じてHP「たまご博物館」を制作。栄養学や調理法など、生活に役立つ知識にとどまらず、
    専門的な養鶏学や統計学など幅広い「卵学」を展開、いまや65万近いアクセス数を誇り、食品業界・養鶏業者からも熱い注目を浴びています。
    今回は、卵の驚異的な栄養価、上手な保存法から卵の謎、ケガをも治す卵パワー等々、
    目からタマゴ、いや、目からウロコのタマゴ学が満載です。

     

     

     

     

    <講 師> 
    HP「たまご博物館」館長 高木伸一さん
          
    たまご博物館HP http://homepage3.nifty.com/takakis2/index.htm

     

     

    <日 時>
    7月19日(水)19:00 〜 お話は8時まで、その後は懇親会

    <場 所>
    喫茶「スター」中区鉄砲町9−5