平成19年6月例会

2007.06.01 Friday

0

     世界の辺境・秘境から日本を見る
     

    地球のテッペン・北極点やヒマラヤ、緑の魔境・ニューギニア、灼熱のシルクロード等、
    18歳の時からスタートした清水さんの海外渡航回数は3桁に及ぶほどです。
    その数々の辺境の旅で、未知なるものと出会い五感で感じとった人肌の温もりや旅先での風景を
    写真と共にお話を頂きます。

     

     

     

    <講 師> 
    辺境の旅プロデューサー 清水正弘さん


    1960年、兵庫県姫路市生まれ。
    「健康」「山歩き」「旅」のプロとして国内外での「健康山歩き講座」を企画・同行したり、紀行作家として、
    旅エッセイやガイド本を発表したりするマルチ分野の行動人。
    20歳の時、ダライ・ラマ14世に個人的に出会ったことが、世界の山岳辺境・秘境地域への限りない情熱の源泉となる。
    辺境の旅プロデューサーをされる傍ら、旅の愛好者クラブ「深呼吸クラブ」の代表として、国内外の山旅・辺境の旅を
    企画・同行されていらっしゃいます。


     

    <日 時>
    6月20日(水)19:00 〜 お話は8時まで、その後は懇親会

    <場 所>
    ステュディオ・グリオット
    広島市中区八丁堀11-13 八丁堀アロービル5F(東急ハンズ裏)