平成30年2月例会

2018.01.23 Tuesday

0

    猜神生まれ瓩了業家が活躍する時代にエール
    「喫茶店にかける情熱と、若者の人心掌握術に触れて!!」

     

     

    流行りのカフェではなく、三世代が集える、昔ながらの喫茶店を開業したい――。
    青年期からの願いを実現させた坂本緑さん。紙屋町のオフィス街のど真ん中にCORITACAFEを開店させたのは、今から3年前のことです。
    学生時代に、飲食業にふれ、夢を追って走り出した坂本さんが選んだのは、就活ではなく、開業への道。銀行との事業融資は、断られること数知れず。「社会人として経験がない」と門前払いされたことを、逆に発奮材料として自身を駆り立てました。公的な各種創業塾に通いながら、事業化への道を切り拓き、自身の座右の銘「忘己利他(もうこりた)」をもじって店の名前に込めたそうです。
    とある土曜日のこと。アイドルタイムといわれる夕暮れ前にお店に伺ったらなんと狡境疔席――。少し頼りなさそうかな…という、若き女性が出て来られたのが店主、坂本緑さん。最初の印象はアルバイトさんかなと思いきや、ひとたびお店のことを語りだすと、うろたえることもなく、目線をそらすこともなかった26歳の女性オーナーです。
    現在の飲食店の課題としては、若手スタッフやアルバイトが仕事とマッチングできず、3日と続かないケースも少なくありません。慢性的な人手不足が飲食業界の常とされている近年、坂本さんの店では、「学生が卒業までバイトしてくれます」と笑顔で語ってくれました。猜神生まれ畧ぢ紊量瓦亮存修硫歡で培われた人心掌握術や飲食業開業ノウハウ、事業融資の受け方などに触れ、若手事業家のモチベーションに何か感じてみませんか――。

    <講 師>

    坂本緑(さかもと・みどり) さん

     

    平成3年生まれ。広島県立呉宮原高等学校出身、愛媛大学卒業。学生時代に飲食業にふれ、卒業と同時に開業への道を歩む。公的な創業塾に通い、事業融資のノウハウを学ぶ。24歳で中区紙屋町のオフィス街に「CORITA CAFE」を開店。ランチ限定メニューはわずか二品ながら、連日盛況。公務員だった父親も脱サラし、喫茶店を開店。親子で同業他店経営者。

    <日 時> 平成30年2月21日(水)午後7時〜お話は8時まで
    その後は懇親会(軽食、アルコール飲料などを出します。交流しましょう!)
    <場 所> ステュディオ・グリオット
    広島市中区八丁堀11-13 八丁堀アロービル5F(東急ハンズ裏)
    電話 082−511−4466
    <会 費> 3千円
    <定 員> 先着30名(必ず申込みの上、御来場下さい)
    <申し込み> HPからのお申込み   ⇒ http://www.hesomagari.com
    携帯からのお申込み ⇒ 世話人:酒井浩二(携帯:090−9418−0739)
    メールでのお申込み ⇒ へそ曲がり事務局 info@hesomagari.com

    スポンサーサイト

    2018.11.27 Tuesday

    0
      関連する記事