平成23年12月例会

2011.12.01 Thursday

0

     
    「伝えるということ〜人との関わりと、
     言葉と思考の限界について〜」

     

    皆さんは、ライブペインティングというパフォーマンスを見たことがあるでしょうか。
    約10分間という短い時間の中で、絵を徐々に変化させ、ストーリーを描いていくパフォーマンスです。
    言葉では表せない、言葉ではない方法で伝えたい、そんな思いを10分に込める。
    そんなパフォーマンスを、教師として働きながら続けているアーティストのYUICHI(石原悠一)の経験した挫折と、それを乗り越えて見えてきたものから、伝えるということを考えていきます。 

     


     

    <講 師> 
    アーティスト YUICHIさんです。

    〜プロフィール〜 YUICHI(石原悠一)

    1982年生まれ。広島市出身。
    岡山理科大学理学部卒業。
    広島大学特別支援教育特別専攻科卒業。

    広島県を中心に、各種イベントでのライブペインティング、個展、壁画制作などの活動しているアーティスト。
    2008年に、「アートを身近に」をコンセプトに、アートパフォーマンス集団『Blue lab.(ブルーラボ)』を立ち上げ、イベントの展開を始める。
    2010年には、「子ども達の想像力を育む」をコンセプトに『Blue lab.kids(ブルーラボキッズ)』を立ち上げ、県内ショッピングモールやNPO法人、企業と連携をしながら、子ども達が自由に表現できる場を提供している。

     

    <日 時>
    12月21日(水)19:00 〜 お話は8時まで、その後は懇親会。

    <場 所>
    ステュディオ・グリオット
    広島市中区八丁堀11-13 八丁堀アロービル5F(東急ハンズ裏)