平成22年12月例会

2010.12.01 Wednesday

0

     パンフルートに魅せられて

     

    日本では馴染みの少ない「パンフルート」
    しかし、その起源は古く、数千年前にギリシャで演奏されていたそうです。
    そのはじまりは、ギリシャ神話に基づくもので、半獣半人の神「パン」が水の妖精「シュリンクス」に恋をしますが、受け入れることができない「シュリンクス」は「パン」から逃れようと、水辺にある「葦」に姿を変えてしまいます。
    「シュリンクス」を見失った「パン」が手にしたのが、水辺にあった一束の「葦」。
    それを束ねて笛を作り、シュリンクスのことを思い、吹き続けた…といういい伝えがあるようです。


    起源はこの他にもあるようですが、日本にはシルクロードを伝わってきたとも言われています。
    又、ルーマニアでは、羊飼いが吹いていたようで、民族音楽として伝わり、演奏技法が発達したのは、ルーマニアだとも言われています。
    呼び名も「パンフルート」「パンの笛」「パンパイプ」「シュリンクス」「ナイ」など、国によって様々。


    そんなパンフルートの様相は?葦の茎を並べて作られた、シンプルな形。
    パイプオルガンを想像して頂いたらわかりやすいかも?!
    何とも素朴な構造ではありますが、その中に秘められた、優しくかつ力強い音色は、聞く人を魅了させます。


    今回は、そのパンフルートの限りない魅力に迫ってみます。
    講師は、広島大学教授の中村純先生です。
    中村先生は、海外大学勤務の時に出会ったパンフルートの何とも不思議な深い音色と表現力に感動し、J.ムルク氏に師事。
    現在は、パンフルート普及を目指し、国内各地で演奏されていらっしゃいます。
    演奏はもちろん、由来や、楽器のこと、普及活動についてお話を頂きます。
    クリスマスや一年の締めにふさわしい、お話と演奏でお楽しみください。


     

     

    <講 師> 
    広島大学情報メディア教育研究センター
    教授 中村 純(なかむら あつし)さん


    早稲田大学から大学院に進まれ、早稲田大学大学院理工学研究科物理及び応用物理学専攻終了、理学博士となられました。
    その後、同大学の勤務を経て、イタリア、スイス、ベルリン、ハイデルベルクなど海外の大学での勤務をされ、
    帰国後は、早稲田大学、山形大学と勤められ、現在は、広島大学にご勤務されていらっしゃいます。


    パンフルートは、1990年より演奏法を、スイスのJ.ムルク氏に学ぶ。
    その後、世界的にも有名な、コーネル・パナ、ニコラ・ピルブー、ヨルク・フライ氏に師事。
    現在、パンフルート普及のため、国内各地で演奏活動する傍ら、パレスチナの子供たちの音楽教育支援グループのパンの笛大使として、パレスチナ訪問演奏も行っていらっしゃいます。
    又、2008年より、国内唯一の大学のパンフルート同好会を結成。
    パンフルート普及のため、幅広く活動されていらっしゃいます。
     
     

     

    <日 時>
    12月15日(水)19:00 〜 お話は8時まで、その後は懇親会

    <場 所>
    ステュディオ・グリオット
    広島市中区八丁堀11-13 八丁堀アロービル5F(東急ハンズ裏)