令和元年7月例会

2019.06.24 Monday

0

    パラリンピックの持つ力

    来年は、いよいよオリンピックイヤーですね。
    そんな中、パラスポーツについてもスポットが当たってきています。
    2017年春、40歳の若さで中国四国身体障害者水泳連盟の理事長に就任し、後進の育成、指導にあたっている崎本龍司さんに、夢へのチャレンジやプロセス、『パラリンピックの持つ力』についてお話してもらいます。

    <講 師> 崎本龍司(さきもと りゅうじ) さん
    元パラリンピック競泳日本代表

    《プロフィール》
    1977年 広島市安佐北区生まれ
    2004年 アテネパラリンピック競泳 400m自由形・100m背泳ぎ日本代表
    4歳のときに交通事故で右大腿から切断。
    6歳のとき「泳げるようになりたい」という記事が新聞に載ったことから、パラリンピック経験者の抹香高雄さんに出会い、水泳を始める。
    19歳でダイクレスイミングクラブの藤川幸司コーチに師事し、
    27歳で念願のパラリンピック出場を果たす。

    現在は、広島県職員として勤務する傍ら、中国四国身体障害者水泳連盟の理事長に就任し、本格的な後進の育成、指導に当たっている。
    <日 時> 令和元年7月17日(水)午後7時〜お話は8時まで
    その後は懇親会(軽食、アルコール飲料などを出します。交流しましょう!)
    <場 所> ステュディオ・グリオット
    広島市中区八丁堀11-13 八丁堀アロービル5F(東急ハンズ裏)
    電話 082−511−4466
    <会 費> 3千円
    <定 員> 先着30名(必ず申込みの上、御来場下さい)
    <申し込み> HPからのお申込み   ⇒ http://www.hesomagari.com
    携帯からのお申込み ⇒ 世話人:酒井浩二(携帯:090−9418−0739)
    メールでのお申込み ⇒ へそ曲がり事務局 info@hesomagari.com